空飛ぶクルマの利活用②

救命救急

 従来の救急車両と空飛ぶクルマを併用すれば、病院までの到着時間を大幅に短縮することが可能になります。また、ドクターヘリより運用コストが安いという利点もありますので、今後は場所によってドクターヘリとの併用も進むものと思われます。

災害対応

 台風・地震などの災害の発生により生活道路やライフラインが遮断された場合における、迅速な救助活動や物資輸送などの使い方が考えられます。無人航空機用の離着陸場の整備を含め、周辺自治体との協力が必要です。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる