国家資格要件を満たす新型ドローン『 NEXAIRS X1 』 詳しくはこちら

N E X A I R S について

計器飛行証明など保有のエアラインパイロット経験者の派遣が可能

 「空飛ぶクルマ」の開発においては、飛行高度や用途によっては有人航空機と同等の操縦ライセンス(事業用操縦士や計器飛行証明)が必要になってくる機体も開発が進んでいます。しかし現状、様々な業種から参入したメーカーにおいて情報が錯綜しており、機体が完成しても適切な知識や技術を持った操縦者(パイロット)や運航管理者が圧倒的に不足する事態が指摘されています。

 弊社には国内海外の航空会社でフライト経験のある計器飛行証明を保持したパイロットが複数所属しているため、長距離飛行や高高度飛行を可能にしたVTOL型モビリティ開発事業者向けにテストパイロットや運航管理者を派遣できる体制をいち早く整えました。

CRM(クルー リソース マネジメント)スキルで安全運航を支えます

 次世代モビリティの操縦と聞くと、操縦技術的な部分「テクニカルスキル」を想像する方が多いと思います。もちろん、テクニカルスキルは安全飛行につながる大切なスキルです。

 ただ、今後の次世代モビリティのフライトにおいて重要になるのは、テクニカルスキルに加えて「状況認識能力や、チームで協力する、コミュニケーションを円滑にする」といった所謂「ノンテクニカルスキル」の部分です。目視外飛行でのフライトや1対多運航など、チームでなければ運航できない局面が増えてくるからです。

 N E X A I R S では、実運航で大切なノンテクニカルスキルの一つである「CRM(クルーリソースマネジメント)スキル」を身につけたエアラインパイロット経験者を各所に派遣することができます。CRMスキルは、2022 年12 月以降の無人航空機操縦の技能証明(国家資格)の要件として学習が必須となり、ますますその重要性が増しています。

 ドローンなど無人航空機の人的要因に起因する事故も年々増加しており、航空法の改正に伴いドローンの飛行可能区域が大幅に広がることから、ドローン操縦者やその関係者はCRMをはじめとしたノンテクニカルスキルを学び有効活用することで、事故防止に貢献できると考えております。