大阪府における空の移動革命社会実装について①

大阪府では大阪万博Expo2025での空飛ぶクルマの実現に向けて、官民一体となった取組みと関連ビジネスの発展によって、人々の生活やまちに新たな価値や活力が生まれることが期待されています。

では今回はなぜ、「大阪で空飛ぶクルマの実現をめざすのか?」について解説したいと思います。大阪府によると以下の理由が挙げられています。

1、府域の新たな価値創造・産業振興への貢献

空飛ぶクルマは、今までの人の移動や物流の概念を大きく変え、人々の生活やまちに新たな価値と活力を与えてくれる可能性を秘めています。また、幅広いビジネスへの広がりも期待されていて、さまざまなアイデアや技術を持つ事業者による共創・協業を通じ、新たなサービスの創出などを大阪の成長へ繋げていきくことが期待されています。

2、大阪・関西万博での発信・レガシーの承継

空飛ぶクルマは2025年大阪・関西万博での実現をめざしています。実現には多くの課題をクリアする必要がありますが、大阪の“やってみなはれ”の精神で、チャレンジする都市の活力と魅力を発信していくとの事です。さらに、万博で得た仕組みやノウハウ、チャレンジ精神などの万博レガシーを承継し、空飛ぶクルマのさらなる普及・拡大による大阪・関西の発展をめざします。

このように、ポイントは2025年に開催される大阪万博にあります。万博において空飛ぶクルマを実現できれば、世界中の注目を集めることもでき、大阪・関西を次世代Mobilityの一大拠点としてアピールすることができます。それにより国内だけでなく海外からも大阪・関西=モビリティーシティーとなる事が、今後の関西圏の発展に大きく関わってくるのではないでしょうか。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる